前へ
次へ

軽貨物の運送の再配達を減らすために重要な在宅傾向を知る方法について

効率の良い配送の妨げになることやドライバーへの負担増加など再配達は軽貨物を含む運送業者全体の問題となっており、できる限り減らしていくという方針となっています。しかし軽貨物による宅配便の運送を行っていると、荷物を届けに来ても不在がちなことが多く再配達になってしまうというケースがあるようです。こういった事態を防ぐのにおすすめなのが、在宅傾向を知ることなのですがどのようにすれば把握することができるのでしょうか。コミュニケーション能力がある程度ある軽貨物の運送業者さんなら、荷物を受け渡しする時に雑談をしながら在宅傾向を確認してみるといった方法を取るのも良さそうです。他の方法としては一度お届けした際の在宅時間を覚えておき、2度目に依頼された際にその時間帯に近い時間帯に配達を行ってみるという方法です。何度も配達の依頼をしているお客様なら在宅傾向が分かってきますし、軽貨物による配達経験を積んでいくことでお客様によってマッチングしやすい時間帯というものが読めるようになってきます。こうして分かった在宅傾向をもとに軽貨物の運送を行うと効率よくかつ再配達も少なくできそうです。何度も配達をしても時間帯による傾向がみられないというお客様の場合は配送ルート等をもとにどこかのタイミングで訪問するようにすると、スムーズです。

Page Top