前へ
次へ

軽貨物の運送で問題となりやすい再配達を減らす方法

軽貨物の宅配便などの配達を行う運送業者の悩みとして多いのが、再配達です。再配達は同じルートを再び往復

more

軽貨物の運送の負担になる再配達を減らすために私たちができる方法

近年軽貨物などの運送にかかわるドライバーの不足が問題となっており、軽貨物の求人を出しても人材が集まら

more

軽貨物の運送の再配達を減らすために重要な在宅傾向を知る方法について

効率の良い配送の妨げになることやドライバーへの負担増加など再配達は軽貨物を含む運送業者全体の問題とな

more

軽貨物の運送を効率よく行う方法

軽貨物による運送を効率よく行うことは軽貨物の運送業者として高収入を得たい方にとって必要不可欠です。効率よく軽貨物にて荷物の運送を行うにはどういったことをすれば良いのでしょうか。まず初めに軽貨物による運送する荷物を積み込む際に配送ルートに合わせた積み方をしましょう。同じエリアのものはまとめる、時間指定のものは分かりやすいようマークする、お客様からサインをもらう伝票は事前に剥がしてまとめておくといった事前準備をしておきましょう。荷物をエリアごとにまとめることや特徴を記載しておくといったことは配達先に到着した時に荷物をスムーズに取り出せるようにできますし、どの荷物をどこへ届けるか把握するのにかかる時間を短縮できます。そのため効率よく軽貨物の運送をする際に役立つでしょう。次に最短で軽貨物での運送を依頼された荷物を配達できるルートを見つけておきましょう。道順などを覚えておくのはもちろんですが、渋滞しやすい箇所や時間指定の荷物の兼ね合いなどを含めて決める必要があります。ルート決定には様々な方法があるため自分の軽貨物の配達方法にマッチングする方法を見つけることが大切です。さらにこれは軽貨物による宅配便の運送を行う際に特に重要となる要素ですが、お届け先のお客様の在宅時間を把握することです。宅配便などの荷物はお客様が不在の場合は再配達をしなくてはなりません。再配達は軽貨物による運送の効率を悪くしてしまいますので、最小限にするためにもお客様の在宅傾向を把握しておくようにしましょう。在宅傾向を把握しておくと何度も訪問する手間も省けますし、効率の良い配送ルートを作る上でも便利です。このように軽貨物にて効率よく運送を行うためには様々な工夫が必要となってきます。軽貨物の求人にて記載されている報酬は積み込みや配達時間なども含めた報酬となっています。そのため短時間で依頼された仕事が終了できればそれだけ引き受けられる仕事の量をこなすことが可能となります。軽貨物の運送にて高収入を稼ぎたい場合は数多くの仕事を引き受ける必要があるため、そういった面でも軽貨物による運送を効率よく行うことは重要です。

運送に関するノウハウ抜群
代表の元ドライバー経験を活かし、確かな技術をお伝えしています

Page Top